外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日銀は24日開いた金融政策決定会合で、2011年度の実質経済成長率見通しをマイナス0・4%に下方修正し、12年度も2・2%から2・0%に引き下げた。欧州財政危機による海外経済の減速や長期化する円高で、日本経済が足踏み状態になっている状況を反映した。13年度は1・5%から1・6%に上方修正した。政策金利を0~0・1%とするゼロ金利政策は全会一致で維持し、追加の金融緩和も行わなかった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信