外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 内閣府が8日発表した11月の景気ウオッチャー調査によると、街角の景気実感を3カ月前と比較した現状判断指数は前月比7・0ポイント低下の33・9と急激に悪化し、比較可能な統計のある01年8月以降、最大の下げ幅となった。指数の低下は2カ月連続。政府のデフレ宣言などでデフレへの懸念が広がったことに加え、急速な円高や冬のボーナスの大幅減で不安心理が高まった。内閣府は景気総合判断を2カ月連続で下方修正。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信