外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 事件解決の鍵を握るDNA型の鑑定が飛躍的に増えていることに対応するため、警察庁が2014年3月までに、約80の試料を同時に自動鑑定できる装置を新たに6県警へ配備し、計11都道府県に拡大することが27日、分かった。従来の手法では手作業で一つずつ鑑定しなくてはならないため、現場の依頼に対して処理が追い付いていない実態がある。警察庁は、自動鑑定装置の追加配備で迅速化を図る。

共同通信