日本で初めて発見された新元素「ニホニウム」の研究チームを率いた森田浩介・九州大教授(59)は11日、共同通信のインタビューに応じ、新たに合成を目指す原子番号119番の元素について、「6年以内にできれば言うことはない」と述べ、次の発見に意欲を見せた。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。