ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

11・5%の選手が暴力など経験

 日本オリンピック委員会(JOC)が加盟57団体の強化指定選手や指導者に実施した調査で、回答した選手の11・5%に当たる206人が競技活動の場で暴力行為を含むパワハラ、セクハラを受けたことがあると答えた。19日に理事会で報告した。柔道の暴力指導問題があったためJOCが初めて実施した調査で、同じような問題が多くのスポーツ現場で起きている実態が明らかになった。JOCの竹田恒和会長は「残念」と述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。