外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 世界気象機関は6日、主要な温室効果ガスとされる二酸化炭素(CO2)とメタン、一酸化二窒素の2012年の世界平均濃度が過去最高だったと発表した。CO2はデータがそろう1982年以降、増え続けている。気象庁は「人間の活動が大きく変わるわけではない。当分は増え続けるのでは」と推測している。

共同通信