ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

12年の米国、気温最高

 【ワシントン共同】2012年の米国は、観測史上で最も平均気温が高かったと米海洋大気局(NOAA)が8日発表した。大きな被害をもたらしたハリケーン「サンディ」や干ばつにも見舞われ、過去2番目に異常気象が激しい年だったとも分析。冬から春にかけて暖かく推移し、夏は過去2番目に暑かったのが特徴。米本土の1~12月の平均気温は1895年以降で最も高い12・9度となり、20世紀の平均を1・8度上回った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。