外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国商務省は16日、2012年の対中直接投資実行額が前年比3・7%減の1117億2千万ドル(約9兆8千億円)だったと発表した。前年割れは、リーマン・ショックの影響を受けた09年以来3年ぶり。経済発展を支えてきた海外からの投資の鈍化は中国の景気回復の足を引っ張りそうだ。欧州債務危機による世界経済低迷と中国の労働コスト上昇を背景に、外資系企業の間で中国進出見直しが広がったことが主因。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信