外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は22日の閣議で、2012年度の経済見通しを了解した。消費者物価指数の上昇率は0・1%と11年度実績見込みのマイナス0・2%から上昇に転じると予想。国内総生産(GDP)の成長率は物価変動を除いた実質で2・2%とし、11年度見込みのマイナス0・1%から上向くと見込んだ。失業率も4・3%と実績見込みの4・5%から改善するとした。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信