外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウラジオストク共同】ロシアのショイグ非常事態相は27日、モスクワで行われた2012年の自然現象の予測などに関する記者会見で「カムチャツカやサハリン、クリール諸島(千島列島)などの極東で地震が活発化するとの深刻な予測がある」と述べた。詳しい根拠は明らかにしなかった。非常事態省の予測では、サハリン州やカムチャツカ地方、千島列島では来年、マグニチュード(M)7・5を上回る地震が発生する危険性が高まっているという。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信