外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 聖武天皇が建立した東大寺大仏(奈良市)の足元から明治時代に出土した国宝の大刀が、天皇没後にゆかりの品を妻の光明皇后が同寺に献納した後、約1250年間にわたり行方不明だった幻の宝剣2本と分かり、同寺と調査した元興寺文化財研究所(同市)が25日、発表。献納後、皇后の意向で献納宝物から外し、埋納した可能性が高い。2本は、東大寺への献納品目録として正倉院に伝わる武器リスト筆頭に記した貴重な宝剣。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信