外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 白紙撤回された新国立競技場のデザインを実現すると総工費は3462億円になると、2013年に設計会社が試算していたことが19日、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)が作成した資料で判明した。文部科学省はこれまで設計会社の試算を「3千億円超」としており、500億円近い差額に関して十分な説明が求められそうだ。

共同通信