外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 被爆地・長崎の高校生が中心となって始め、海外にも広がった核兵器廃絶を訴える「高校生1万人署名活動」は11日、発足から約13年間の累計で署名が100万人に達した。現役高校生でつくる実行委員会が明らかにした。核廃絶に向けて若者が何かできないかという思いから2001年に発足。街頭などで署名を呼び掛けた。活動はその後も後輩に引き継がれている。

共同通信