外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本列島は9日、高気圧に覆われて晴れ、奈良県十津川村で平年より約9度高い最高気温32・0度など、各地で今年最も暑くなり、内陸部を中心に13府県の27地点で30度以上の真夏日となった。気象庁によると、日照に恵まれた上、上空にも暖かい空気が入った。一方で朝の最低気温は全国的に平年を下回り、気温差の大きい一日となった。朝の冷え込みは、夜間晴れて地表の熱が奪われる放射冷却などの影響とみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信