外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 農林水産省は30日、東日本を中心とする早場地帯19道県で栽培する2017年産米(水稲)の15日時点の作柄概況を発表した。北海道、新潟など13道県が「平年並み」、宮城や山形など6県が「やや良」だった。生育に重要な時期まで総じて好天に恵まれたため、懸念された東日本の天候不順の影響は限定的だった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信