外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2014年度の国の一般会計税収が、07年度(51兆182億円)以来、7年ぶりに50兆円を突破する見通しとなったことが29日分かった。来年4月の消費税増税に加え、景気回復で法人税収の伸びも見込まれるため。総額は08年のリーマン・ショックの前の水準まで回復し、国の財政改善に追い風となりそうだ。

共同通信