外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は15日の閣議で、医療や介護など社会保障制度改革を、2014~17年度に実施する工程を明記したプログラム法案を決定。改革の進捗状況を把握し、中長期の課題を検討する新たな有識者会議の設置も盛り込んだ。具体的に必要な個別法案は14年の通常国会以降、順次提出する。ただ、プログラム法案に示された改革には、高齢者や高所得者に負担増を求める内容が含まれているため、野党側から厳しい批判が出る可能性もある。

共同通信