外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 安全保障関連法案の衆院採決をにらんだ与野党の攻防が14日、激しさを増した。衆院平和安全法制特別委員会は安保法案の一般質疑を実施し、民主、共産両党は与野党で原則合意した定例日以外の審議は認められないとして欠席した。与党は15日に特別委で採決し、16日に衆院本会議で可決・通過させる構えを崩していない。14日午後に維新の党が提出した対案をめぐり同党と協議し、これを踏まえて採決日程を最終決断するとみられる。

共同通信