外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府が今月下旬の経済財政諮問会議に提示する経済見通しで、2016年度の実質成長率が財政健全化目標達成の前提としている2%を下回ることが15日、分かった。物価変動の影響を除いた実質成長率を1・7%程度、景気実感に近いとされる名目成長率は2・9%程度とする方向で検討している。

共同通信