外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚生労働省は30日、仕事が原因でうつ病などの精神疾患にかかり、2016年度に労災認定されたのは前年度比26件増の498件で、1983年度の調査開始以降、最も多かったと発表した。そのうち過労自殺(未遂含む)は84件だった。申請件数も最も多い1586件に上った。仕事による脳・心臓疾患の労災認定は260件で、このうち死亡したケース(過労死)は107件だった。

共同通信