外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 原子力規制委員会(田中俊一委員長)は13日、原発で過酷事故が起きた際の放射性物質の拡散予測で、東京電力福島第1原発を含む全17商業原発のデータに間違いがあったとして訂正した。特に北海道電力泊(北海道)、九州電力玄海(佐賀)、川内(鹿児島)の3原発では拡散範囲が縮小されたり、方位が正反対になったりと大幅な修正。関係自治体で地域防災計画を策定するための重要参考データとなるだけに混乱が広がりそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信