外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府の2017年度予算の概算要求で、一般会計の総額が101兆円台になる見通しとなったことが25日、分かった。要求額が100兆円の大台を超えるのは3年連続。借金の返済に充てる国債費が低金利で24兆6174億円に抑えられ、過去最大だった16年度要求(102兆4千億円)からは1兆円前後減るが、社会保障や看板政策の経費が膨らむ。16年度当初予算との比較では5兆円程度多い。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信