ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

17都府県に危険な密集地

 国土交通省は12日、地震の際に大規模火災が発生する恐れがあり、避難も困難な「著しく危険な密集市街地」が17都府県に5745ヘクタール(197地区)あると発表した。首都直下地震や南海トラフ巨大地震などに備え、国交省は自治体と協力し、住宅の耐震改修や避難路確保ための道路拡幅などの対策を2020年度までにおおむね完了させる方針だ。都府県別では、大阪が2248ヘクタール(11地区)と最も広い。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。