外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は17日、冬型の気圧配置が強まるため18日にかけて西日本(近畿、中四国、九州)の日本海側を中心に広い範囲で大雪になるとして警戒を呼び掛けた。四国でも山間部は大雪となり、平野部も雪が積もる所があるという。気温が下がって路面が凍結する恐れもある。交通の乱れや雪崩、農作物の管理に注意が必要だ。気象庁によると、18日朝にかけ西日本の上空約5500メートルに氷点下33度以下の強い寒気が流れ込む見通し。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信