外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 総務省は9日、7月の参院選で新たに有権者となった18、19歳全員(約240万人)の投票率(選挙区)を調査した結果、18歳は51・28%、19歳は42・30%、18歳と19歳を合わせた投票率は46・78%だったと発表した。都道府県別で最も高かったのは東京、最低は高知で、都市部が高く、地方が低い傾向が表れた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信