外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロンドン共同】バルト海に浮かぶフィンランド・オーランド諸島のマリエハムンで、沈没した難破船から回収された19世紀前半のシャンパンの試飲会が行われた。試飲した専門家は「素晴らしい味だ。これまでに飲んだものとは全く違う」と絶賛した。AP通信が17日伝えた。シャンパンは今年7月に地元のダイバーが発見。鑑定の結果、19世紀前半のものと判明した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信