外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民党は8日、2012年度予算執行に不可欠な公債発行特例法案の臨時国会中の成立を容認する方針を固めた。公債法案は19日にも参院本会議で成立する見通しとなった。野田佳彦首相は公債法案や衆院選挙制度改革関連法案の成立を前提として、年内も視野に衆院解散の時期を探っている。自民党の対応は、首相が衆院解散の環境整備として挙げる公債法案と選挙制度改革関連法案の処理などに協力し、首相に決断を迫る狙いがある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信