外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 与野党は18日の参院平和安全法制特別委員会理事懇談会で、19日に安全保障関連法案の審議を再開することで合意した。21日に安倍晋三首相が出席し、礒崎陽輔首相補佐官が法案をめぐり「法的安定性は関係ない」と発言した問題に関する集中審議を開催する日程も決めた。防衛省は懇談会で、安保法案に関する内部資料を作成していたことを認めた。共産党への資料流出を「ゆゆしき問題だ」として調査する方針も示した。

共同通信