外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、新型の固体燃料ロケット「イプシロン」1号機の打ち上げを中止したのは、発射19秒前に機体の姿勢異常の信号を検知し、カウントダウンが自動停止したためだと発表した。機体そのものに異常は見つかっておらず、コンピューターの信号の問題とみられる。発射場のある鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所で記者会見した森田泰弘教授は、30日にも再挑戦できるとの見通しを示した。

共同通信