外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウラジオストク共同】ロシア極東ウラジオストク市で7日、地元市民ら2万6904人が参加して白、青、赤の小旗を頭上に掲げてロシア国旗の三色旗を描くイベントが行われた。同市によると、立ち会ったギネス・ワールド・レコーズの担当者が「人間による最も大きな国旗」に認定した。ウラジオストクの金角湾をまたぐ世界有数規模の斜張橋(全長2・1キロ)に市民が集合。描かれたロシア国旗は、長さが数百メートルに達した。

共同通信