外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ共同】4~5月のフランス大統領選(2回投票制)へ向け、社会党など左派の統一候補を選出するため、22日に第1回投票を実施した予備選の選挙管理事務局は25日、最終集計結果として、アモン前国民教育相が得票率36・03%で1位、バルス前首相が同31・48%で2位となり、両候補が29日の決選投票に進出すると発表した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信