外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京電力は19日、福島第1原発2号機の原子炉格納容器内部を工業用内視鏡で撮影した画像を公表した。配管などが写っているが、水位は確認できなかった。内視鏡に取り付けた温度計で測定した内部の温度は44・7度と、もともと備え付けられた計器による測定値とほぼ同じで、計器がほぼ正常と判明した。写っている配管や格納容器の内壁に大きな変形や破損はない。画像は、放射線の影響で斑点が多くあまり鮮明ではない。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信