外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京電力福島第1原発2号機の原子炉圧力容器底部の温度が上昇している問題で東電は6日、注水量を増やしたが、70度前後の状態が続いていると発表した。東電は「炉全体としては十分冷やせている」としている。原子炉の冷温停止状態は、誤差を含めおおむね80度以下に保つことが条件。国は「上昇しているのは圧力容器内の同じ高さにある三つの温度計のうちの一つだけ」として、80度を超えても冷温停止状態に影響しないとの見方。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信