ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

20キロ超取り締まり疑問

 古屋圭司国家公安委員長は4日の記者会見で、交通違反の取り締まりについて「違反した側も納得できるようにする必要がある」とした上で、「歩行者が出てくる危険性がない道路で、制限速度を20キロオーバーしたことで取り締まりの対象になるのは疑問」という趣旨の発言をした。取り締まりの在り方について持論を展開する中で一例を示した形だが、所管閣僚が道交法の規定に疑問を呈したと取られかねず、批判を呼びそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。