外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 60歳以上の会社員らの雇用確保が進むと、採用抑制など若い人の雇用に悪影響を与えると考えている20代が42・1%に上ることが7日、東京都の調査で分かった。若者が自身の雇用に不安を抱いている実態が、浮き彫りになった。高齢者の雇用確保で若年者雇用に悪影響を与えるかについて、「そう思う」と答えた人の割合は60代の25・1%に対し、若い世代ほど比率が高くなっている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信