外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 旭川空港行きのエアーニッポン(ANK)運航の全日空325便が10月、管制官から誤った指示を受けて地表に異常接近したトラブルで、運輸安全委員会は24日、325便が回避操作をしなければ20~30秒後には地表へ衝突した可能性があったことを明らかにした。フライトレコーダー(飛行記録装置)の解析で、回避操作後に地表に最も接近し、地表まで約220メートルを飛行したことも判明した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信