外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 地球温暖化が進行した2075~99年の日本では、激しい竜巻の発生しやすい気象条件が現在から倍増するとの予測を、気象庁気象研究所がスーパーコンピューターを用いた実験でまとめた。春(3~5月)は西日本と関東を中心に2~3倍、夏(6~8月)は日本海側を中心にほぼ倍になると予測。温暖化で日本の南海上の海面水温が上昇するため、大気中の水蒸気量も増え、大気の不安定度が高まるのが原因。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信