外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 冬型の気圧配置の影響で24日、北日本と北陸で雪を伴った強風が吹き、海上は大しけとなった。寒気の南下に伴い、25日にかけて大荒れの天気が続くとして、気象庁は大雪や猛吹雪、雪崩に警戒を呼び掛けた。大気の状態が不安定で、落雷や竜巻にも注意が必要だ。気象庁によると、24日午後、札幌市で9センチ、青森市で4センチの積雪を観測。北海道・襟裳岬で32・1メートルの最大瞬間風速を観測した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信