ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

25病院に36回搬送断られる

 埼玉県久喜市で1月、呼吸困難を訴え119番した男性(75)が、25病院から計36回救急搬送の受け入れを断られていたことが5日、久喜地区消防組合消防本部への取材で分かった。男性は通報の2時間半後に搬送先が決まったが、到着した病院で間もなく死亡が確認された。男性は一人暮らし。1月6日夜、「呼吸が苦しい」と自ら通報。到着した救急隊員が、各病院に受け入れが可能か照会すると「処置困難」などの理由で断られた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。