外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 来年のロンドン五輪代表を決める最初の国内選考レースとなる横浜国際女子マラソンは20日、横浜市の山下公園発着で行われ、26歳の木崎良子(ダイハツ)が2時間26分32秒で初優勝し、五輪代表候補となった。今夏の世界選手権代表で、2連覇を狙った尾崎好美(第一生命)は2位だった。木崎は41キロすぎでスパートして尾崎との競り合いを17秒差で制した。マーラ・ヤマウチ(英国)が2時間27分24秒で3位。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信