外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロサンゼルス共同】米ロサンゼルスで昨年8月に体重わずか269グラムで生まれた女児が20日、病院を退院した。これほどの低体重で生まれて順調に成長する乳児は極めて珍しく、米メディアは「奇跡の赤ちゃん」と伝えた。女児はメリンダ・グイドちゃん。母親のヘイディーさん(22)が高血圧症で母子とも危険な状態となり、帝王切開で約4カ月早く誕生。大人の手のひらほどの大きさだったが、体重は2040グラムまで増えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信