外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ノーベル平和賞受賞者でミャンマー最大野党、国民民主連盟(NLD)党首のアウン・サン・スー・チー氏(67)が13日、約27年ぶりに日本を訪問した。ミャンマーで進んでいる民主化への一層の支援を呼び掛け、投資など経済協力を訴える。19日まで1週間滞在し、安倍晋三首相ら政府要人や経済界関係者と会談する予定。スー・チー氏は1985~86年、京都大の客員研究員として日本に滞在した。(共同)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信