外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は26日、東北から西日本で、27日にかけて局地的に非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、土砂災害や河川の氾濫に警戒を呼び掛けた。気象庁によると、本州付近の上空は寒気に覆われ、そこに南から暖かく湿った空気が流れ込み、27日にかけて広範囲で大気の状態が不安定になる。このため、雷を伴った1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る恐れがある。

共同通信