外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 各地の民間クリニックが他人の臍帯血を国に無届けで投与していた問題で、愛媛など4府県警の合同捜査本部が、再生医療安全性確保法違反の疑いで、投与に関わった医師や茨城県つくば市の臍帯血販売業者ら5人程度を27日にも逮捕する方針を固めたことが25日、分かった。厚生労働省は同日、同法違反容疑で愛媛県警に複数のクリニックを告発した。同法違反容疑での立件は初めて。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信