外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民、民主両党は22日、集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法案の参院審議を27日に始める方向で調整に入った。民主党の榛葉賀津也参院国対委員長が、参院野党9会派の国対委員長らの会談で明らかにした。参院選挙制度改革に関する公選法改正案は24日にも採決される見通しで、安保法案の衆院採決強行により空転が続く国会は正常化する公算が大きくなった。

共同通信