外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 与野党は24日、参院平和安全法制特別委員会の理事懇談会で、安全保障関連法案について28~30日の3日間に安倍晋三首相が出席して質疑を行い、実質審議に入ることで合意した。民主党は特別委の野党筆頭理事にベテランの北沢俊美元防衛相を起用。蓮舫代表代行や福山哲郎幹事長代理ら「論客」(党幹部)を並べ攻勢をかける構えだ。自民党は当選1回の議員が過半数を占め、人選に苦慮した事情がにじんだ。

共同通信