外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 中央自動車道の笹子トンネル天井板崩落事故で山梨県警は25日、事故が起きていない下りの2車線を29日から対面通行にして仮復旧させることを明らかにした。下り線は事故後の緊急点検で、多数の不具合が判明。中日本高速は「補修や原因調査より仮復旧を優先させる」として、9日から天井板などの撤去工事を続けており、仮復旧までに換気用ファンを付ける。対面通行はトンネル全長の約4・7キロを含む約8キロの区間。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信