外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 車ではねられた男性が約3キロ引きずられ死亡した事件で、殺人や道交法違反(無免許、ひき逃げ)などの罪に問われた元ホスト吉田圭吾被告(24)の判決で大阪地裁は15日、懲役15年の実刑を言い渡した。被告側は「車の下に人がいるとは気づかなかった」などと殺意を否認したが、裁判長は「音や走行時の抵抗感で、認識していた可能性が高く殺意が認められる」と判断。殺人罪が成立する、とした。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信