外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ローマ共同】イタリアのメディアによると、中部カステルヌオボ・ディ・ガルファニャーナ市や周辺の自治体が1月31日夜、地震の兆候があるとして住民に避難を呼び掛け、約3万人が自宅を離れて学校や車の中で一夜を過ごした。結局、地震は起きなかった。イタリアでは昨年10月、2009年の同国中部地震直前に「安全宣言」と受け止められる判断を示した学者らに実刑判決。今回は判決を意識した過剰反応との批判も出ている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信