【ジャカルタ共同】インドネシアの首都ジャカルタ特別州で、20年以上にわたり続いてきた朝夕のラッシュ時に乗員3人未満の車の通行を禁じる渋滞緩和規制が撤廃されることが13日までに決まった。「規制があってもなくても渋滞のひどさに大差はない」(特別州当局者)ため。新たな規制も検討されているが、世界最悪といわれる渋滞の解消に有効策を打ち出せていない。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。